大曜いぬねこ倶楽部

子犬あごスクラッチ

活動日記

3618022_s_edited.jpg

ペットリフォーム

かわいいプードル

里親募集情報

ペイント缶

​リフォームボランティア

箱の中の犬

悲しい思いをする犬と猫を
​これ以上増やしたくない。

犬や猫などペットはもう家族。
ほかの動物とは比べ物にならないほど、人間との関わりが強い生き物です。

しかし、ペットブームにより人間たちの手により辛い思いをしているわんちゃんねこちゃんがたくさんいます。

「こんなに大変だと思わなかった」「大きくなったから可愛くない」と、病院に連れて行かない、健康な食事を与えない、散歩に連れて行かないなどの飼育放棄や、避妊手術・去勢手術を受けさせないことにより、どんどん子供が生まれることによる多頭飼育崩壊。
知識の無い悪質なブリーダーによって、劣悪な環境により交配させるパピーミルの存在。
遊びたい盛りの子犬や子猫がペットショップの狭い空間に長い間ディスプレイされ、売れ残って行き場のなくなる現状。
これらはすべて、人間が生み出した悲しい出来事です。

殺処分数の減少は、該当する子が減ったからではない。

2021年は、過去最少数の殺処分数。それでも2万3千匹の犬猫が殺されています。
子犬であれば引き取り手が見つかる可能性も高いですが、最初にガス室へ送られるのは病気の子やシニアの子です。

殺処分数が減少しているのは、そういった子が減ったからではありません。
全国の保護団体の方達が引き取り、お世話をされているからです。

大曜ホームズが支援させていただいている、小さな命を守る会では、病気の子もシニアの子も、どんな子でも積極的に受け入れられ、ボランティアの方々で保護されています。

​殺処分が減った背景には、保護団体の方々の地道な努力が欠かせません。

犬や猫の飼育にかかる費用は、フード、おやつ、おもちゃ、リードや首輪、ケージやクレート、ペットシーツなどだけでなく、義務付けられている予防接種や病気になった時の医療費など、高額になります。
それもすべて、ボランティアの方々や寄付によって賄われています。

​今後も、寄付、物資、ボランティアによる支援や、里親になってくれる方の存在が欠かせないのです。

今、大曜ホームズができること。

大曜ホームズは微力ながら、毎月の寄付と支援物資、隔週のボランティアをさせていただいております。
そのひとつひとつは小さいものですが、同じことをする企業や個人の方が増えれば、その力は大きなものになります。

誰も悲しい思いをしなくていいように、
​私達が目標としていること。

保護犬や保護猫が、新たな家族と出会えるように。
シニアの子で引き取り手が見つからなくても、余生を謳歌できるように。
ペットショップでペットを迎えた人が、後ろめたい気持ちを持たなくていいような、そんな社会を作りたい。

ペットと人間が良いバランスで共生できるような未来があれば、嬉しく思います。
そんな未来に夢を描いて、私達はその歯車になりたい。
そのために、実現させたいことがあります。

 

シェルターや病院を兼ね備えた、犬猫の為の施設をつくりたい。

保護犬や保護猫、災害時に行き場のなくなってしまったペットのシェルター。
犬の譲渡会や保護猫カフェなど、新たな家族と出会える場所。
適切な治療を受けられる病院。
清潔を取り戻すためのトリミングサロン。人間の美容室もガラス張りで併設できたら面白い。
アクティブな子が思いっきり運動できるドッグラン。まったり派のスペースも別にしたり。
遊びに来た家族が半日遊べるような、用品販売店やカフェ、キッズスペースなどを併設した施設を作りたい。
もちろん、一度に全部は難しいかもしれない。
でも、私たちの想像はどんどん膨らみます。

バランスの取れた、ペットとの共生。
​それは、こんな施設から生まれるものがあってもよいのではないでしょうか。

私達は未来にできることを想像しながら、今できることを続けていきます。
​いつかきっと、実現するために。

いぬねこくらぶ.png

大曜ホームズは、小さな命を守る会の協賛企業です。